有限会社ジョルディカワムラは、栃木県日光市にあり、園芸用花苗の品種開発・生産・販売を行っている農業法人です。なかでもカリブラコア・ティフォシーシリーズは他社に先駆けて2003年から市場に出荷し、八重咲きの開発・発売(2015年)、また寄せ植えやギャザリングという、花苗使用目的の多様化に伴いアンティークシリーズの展開(2016年)など、精力的なラインナップ拡大を図っております。さらに近年では、冬のお花であるクリスマスローズについても、多様な品種を海外から導入・生産しており、日本国内でほぼ独占的に販売している品種も取り揃えております。

会社名有限会社ジョルディカワムラ
代表者川村 一徳
設立 平成17年
所在地〒321-2414 栃木県日光市豊田63
従業員40名
総面積11,800 u
売上1億3000万円(2016年度)

ジョルディカワムラの名前の由来は、自分の農場(庭)で生産するということから、イタリア語の庭という意味の「Giardino」(ジョルディ)、私の苗字である「カワムラ」をとって、「ジョルディカワムラ」と名付けました。